概要

関東聴覚障害学生サポートセンターは、特定の事務所を持たない団体です。聴覚障害学生支援に関するコーディネート・カウンセリング・コンサルテーション等のノウハウ・経験を持ったスタッフのネットワークによって運営しています。

現在、1200名以上の聞こえない学生が大学・短期大学などの高等教育機関に在籍していると言われています。授業を聞く、教員や学生のいろいろな考えを知って視野を広げる、様々な活動に参加して経験を深める、授業や学生生活について気軽に相談できる…。聞こえない学生がそんな学生生活を送れるような環境が、すべての高等教育機関で整うことをめざして、私たちは、大学や学生の皆さんをサポートしています。

 沿革  

1984年 関東聴覚障害学生懇談会と関東学生手話サークルの共同運営・共同出資のもと、関東学生情報保障者派遣委員会発足
1999年 関東聴覚障害学生サポートセンターに改称
2005年 日本聴覚障害学生高等教育支援ネットワーク(PEPNet-Japan)に連携大学・機関として加盟